並太くらいの糸で編むメリヤス編みのかんたんくつした:
編み方・製図

 
ほぼまっすぐ編んでとじるだけの簡単パターン。
段染め糸で編めば、メリヤス編みでもこんな感じに。
目の増減は、つま先とかかとのとじしろをつくるところだけです。
 

できあがりのサイズ

24~25cm(サイズはフット部分の長さで調節可能です)
 

見本で使用した糸と編み針

使用糸: Opal XLarge 8-fach(8242) ウール75% ナイロン25%  320m/150g
使用量: 85g
使用針: 棒針5号(4本針または5本針)
ゲージ: 10cm平方でメリヤス編み 21目・29段 
 

編み方

つま先(往復編み)

  1. 別鎖から22目拾って作り目する。これを1段めとする。
  2. 2目ゴム編みを9cm(26段)編む。
    偶数段は(裏から見て)裏目2目から始めて裏目2目で終わる。
    奇数段は表目2目から始めて表目2目で終わる。
  3. 26段めを編み終わったら、別の針で作り目を22目拾う。

 
フット(輪編み)

  1. 1段めは、甲と足裏それぞれの両端で1目ずつ減目しながら表メリヤスで輪編みする。1周の目数は40目になる。
  2. 表メリヤスで13cm(38段)または 足のサイズ-11cm、輪編みする。

 
かかと(往復編み)

  1. フット部分の最後の段を編み終わったら、足裏側に次のように1段めを編む。
    両端で1目ずつ巻き増し目しながら22目を2目ゴム編みで編み(裏から見て両端は裏目2目)甲側の20目は休めておく。
  2. 続けて2目ゴム編みを往復編みで11cm(全部で32段)編む。
    偶数段は表目2目から始めて表目2目で終わる。
    奇数段は(裏から見て)裏目2目から始めて裏目2目で終わる。

 
レッグ(輪編み)

  1. 休めていた20目を表メリヤスで編み、かかとの続きを両端で1目ずつ減目しながら表メリヤスで編む。
  2. 表メリヤスで10cm(28段)輪編みする。1周の目数は40目。
  3. 続けて2目ゴム編みで3cm(10段)輪編みする。
    表目1目から編み始め、1周して表目1目で終わる。

 
伏せ止め
目と目の間に鎖を1目ずつ編みながら伏せ止めする。
 
仕上げ
作り目の鎖編みをほどいて、つま先とかかとの両端をすくいとじし、糸始末をしてできあがり。